2017年11月14日

下見報告−蒼天ホールの機材関係

11月13日、近総文の放送文化部門でお借りするホールの下見に行ってきました。
ホールは、大阪商業大学の蒼天ホール。近鉄奈良線の「河内小阪」駅[準急まで停車]から5分くらいで着きます。

■副調整室のようなもの
といっても、主調整室がないのですが、機材操作をする場所は、下手側にありました。
DSC_0961.jpg

こんなかんじ。(写真の左側が舞台となります)
そんなに広くないので、個々の役割の3人が全員はいるとラッシュ時の電車みたいになってしまいます。
この写真で行くと
・正面の左、モニタがあるところが映像管理(スイッチャーさんの位置)
・正面の右、モニタの横の狭いところが音声管理(ミキサーさんの位置)
・右側の白い机のうち、奥が照明管理(照明操作さんの位置)
・右側の白い机のうち、手前にはDVDやCDプレイヤー(メディアさんの位置)
ということになります。

詳細は、記事が長くなるので、↓の「続きを読む」をクリックしてください。

クリックで続きを読む
posted by 高視研 at 00:00| Comment(0) | つぶやき