2016年12月10日

技術講座3 受付開始!

第3回の技術講座の案内を載せました。

来年の1月29日(日)の実施です。
会場が変更となり、府立渋谷高校での開催となりました。

要項や、申込みシート、原稿ファイルなど、
公式ページからダウンロードできます。

締切は1月20日です。忘れないように!

/おばた@金剛
posted by 高視研 at 10:48| Comment(0) | つぶやき

2016年11月03日

「校内放送指導者講座」の案内

顧問の先生へ
12月27日(火)〜28日(水)に東京で行われる校内放送指導者講座の案内が届きました。

要項は、公式webページからご覧ください。

第1次申込み 大阪府締切 11月17日(木)
  大阪府枠は2人(確実に参加できます)
第2次申込み 大阪府締切 11月25日(金)
  枠なし(応募者多数の場合は全国で抽選)

申込みを希望される先生は、上記締切日までに大阪夕陽丘学園高校の中井勝久先生までご連絡お願いします。

おばた@金剛
posted by 高視研 at 11:50| Comment(0) | つぶやき

2016年10月10日

放送技術講座2 申込み開始!

放送技術講座の要項をアップしました。
(紙での案内も学校に届いていますよね)

受付を始めました。
アナウンス原稿用紙の形式を変更しています。
(NHK杯の大阪大会と同じ形式にしました)

締切は10月20日(木)です。お早めに申し込みましょう。

おばた@金剛
posted by 高視研 at 23:12| Comment(0) | つぶやき

2016年08月03日

2016広島総文祭

8月2日〜3日にかけて、全国高等学校総合文化祭が広島県で行われています。

会場は、平和公園内にある「国際会議場」。8月6日に向けて、準備も進んでいる中での開催です。

広島県の生徒さんが、とても丁寧に対応してくださいます。


DSC_0298.jpg
 
DSC_0306.jpg
 
DSC_0308.jpg
 会場にて

 アナウンス部門の3人の様子です。

DSC_0313.jpg
 
DSC_0315.jpg
 
DSC_0319.jpg
posted by 高視研 at 15:00| Comment(0) | つぶやき

2016年07月04日

作品チェック結果をFAXしました

昨日まで東京でチェックしていましたが、
その結果を参加校の顧問の先生宛にFAXしました。

アナウンス・朗読部門には指摘はありませんでした。

番組部門で指摘を受けた学校は、修正したものを、
7月15日(金)必着で、
直接東京のNコン事務事務局まで送ってください。

posted by 高視研 at 14:09| Comment(0) | つぶやき

2016年07月03日

原稿・作品チェック中

おばた@金剛高校 です。
今日(7月2〜3日)は、東京のNHK放送センターで、
全国大会に出場する作品や原稿の事前チェックをしています。

窓の外には、テレビで見慣れた風景が広がっています。
(実物は、さすが立体的に見える!)
2016nhk.jpg
posted by 高視研 at 14:04| Comment(0) | つぶやき

2016年06月23日

大阪大会が終わりました

今年のNHK杯全コンテストの大阪大会が終わりました。
結果と講評を公式ページにアップしています。
次は全国大会です。

posted by 高視研 at 13:31| Comment(0) | つぶやき

2016年06月17日

準備が進んでいます

DSC_0211.JPGDSC_0210.JPG決勝大会にむけ、準備が進んでいます。

1位の賞状のみ、NHKマークの入った限定版です。

副賞の「ものすごーい豪華な商品」も用意が終わりました。
あともうすこしです。
posted by 高視研 at 09:31| Comment(0) | つぶやき

アナウンス決勝課題をアップしました!

決勝大会まで、あと2日となりました。
NHKから、アナウンスの決勝課題がとどきました。実際にニュースで使用されたアナウンス原稿です。
アナウンス部門は、自分の課題に続けて、この原稿を読みます。
しっかり下読みしておいてくださいね。

公式ページのダウンロードのページから見てください。

いちおう、直リンもしておきます
おばた@金剛

posted by 高視研 at 09:20| Comment(0) | つぶやき

2016年06月13日

決勝の要項が発表されました!

ということで、公式ページに決勝の日程表をアップしました。
朗読の決勝課題も載せてあります。(予選の日に配付しています)

今年から、アナウンスと朗読の審査順を逆にし、
午前にアナウンス、午後に朗読の審査を行います。
さらに、朗読課題を例年よりも短めにしました。
それによって、朗読部門の決勝に進む人数を増やすことができました。

なお、決勝のプログラムは当日発表です。自分の審査順は当日までのお楽しみです。

posted by 高視研 at 01:26| Comment(0) | つぶやき